人によって最適な睡眠時間は異なります!何時間眠るとBEST?

快眠保障!不眠症の人におすすめの不眠症サプリ【口コミ・評判あり】
  1. 何時間眠れば良いの?最適な睡眠時間は人によって違う!

最適な睡眠時間は人によって違います。BESTは何時間?

睡眠時間は遺伝子で決まっている

睡眠時間は遺伝子で決まっている

日本人の睡眠時間で最も多いのは何時間か、ご存知でしょうか?7時間だそうです。ですが睡眠時間にはかなりの個人差があり、4~5時間の睡眠ではつらつとしている人もいれば、8時間以上は寝ないとダメ、という人まで様々です。「ショートスリーパー」「ロングスリーパー」という言葉を聞いたことがあるかもしれませんが、そのネーミングのとおり、前者は6時間未満の短い睡眠でも健康を保てる人のことで、後者は逆に10時間程度の長い睡眠を必要とする人を指します。

睡眠時間については様々な実験・研究がなされていますが、その人にとって必要な睡眠時間は遺伝的に決まっていて、変えられないのではないか?というのが一般的な睡眠専門医の意見です。例えばショートスリーパーは睡眠時間が短いにも関わらず、深い眠りである「ノンレム睡眠」の時間は平均的な睡眠時間(7~8時間)の人とあまり差がないそう。これには遺伝子の変異が関係していると言われています。

生活習慣を工夫すればナポレオンになれる?

生活習慣を工夫すればナポレオンになれる?

睡眠時間は生活習慣である程度コントロールできる、という意見もあります。確かにスポーツなどで体をよく動かした日はぐっすり長く眠ることができますし、家でじっと過ごしていた日はなかなか眠れなかったり、眠りが浅かったりします。最近は眠っている時間がもったいないので睡眠時間を短くしたいという人も多く、ショートスリーパーになるための方法を伝授するセミナーがビジネスパーソンを中心に人気です。正しい知識を身につければ誰でも3時間睡眠になれるという説もあり、4時間の睡眠で大丈夫だったと言われているナポレオンもびっくりですね。非常に興味深いです。

一方で最近の睡眠時間と遺伝の研究によると、必要睡眠時間の遺伝率は成人で30~50%ほどというデータが出ています。今後さらに研究が進むと新しい発見が出てくるかもしれませんが、現段階では睡眠時間の長短は100%遺伝で決まるとも、100%環境でどうにかなるとも言えず、遺伝と環境の相互関係によって決まるという考え方ができそうです。

本人の満足できる睡眠時間が肝心

本人の満足できる睡眠時間が肝心

結論としては、現代の科学ではその人にとって必要な睡眠時間を測定するのは無理、ということです。結局のところ、本人が「ぐっすり眠れた!」と感じる睡眠時間がその人にとって最適な睡眠時間、と考えたほうがよさそうですね。他人が短時間の睡眠でバリバリ仕事をしている・勉強をしているなんて話を聞くと焦ってしまいますが、あなたがロングスリーパーであるなら、短時間の睡眠は脳と体に無理をさせることになり、結果として仕事や家事、学業におけるパフォーマンスが下がってしまいます。

人は本来、必要な睡眠時間をとると自然に目が覚めます。ただし睡眠の質が悪いと寝ても寝ても眠かったり、本来の睡眠時間以上の眠りを必要としてしまいます。寝る直前までTVを見る・スマートフォンをいじるなど睡眠の質を下げる生活習慣は改めて、自分にとって最適な睡眠時間を見つけてみてはいかがでしょうか。

 
何で眠れないの?
タイプ別不眠症の症状と改善方法
明日からぐっすり眠れる!おすすめの不眠症サプリランキング
今日からできる!おすすめの「眠活」