更年期障害からくる睡眠障害とは?

快眠保障!不眠症の人におすすめの不眠症サプリ【口コミ・評判あり】
  1. 女性特有の更年期からくる「睡眠障害」

女性特有の更年期からくる「睡眠障害」

更年期からくる「睡眠障害」とは?

更年期からくる「睡眠障害」とは?

日本人の最低平均睡眠時間は6.5時間で、これを下回ると睡眠不足の状態であると言われます。不眠症の中には早朝覚醒のように比較的男性に出やすいタイプもありますが、睡眠障害全般で考えると一般的に男性よりも女性に多く見られ、加齢と共に増える傾向が強いようです。

この中で閉経期不眠症と呼ばれ、更年期の女性に起こりやすい不眠症があります。更年期を迎えた女性の30〜40%が睡眠障害に悩んでいるというデータもあり、高い割合で更年期不眠症を患うケースが多いことを示しています。なぜ更年期の女性が不眠症になりやすいかというと、更年期に患う症状の1つであるホットフラッシュと呼ばれるほてりが夜中にも起こることや、更年期特有の不安やうつ症状、そして女性ホルモンの減少などが理由としてあるようです。

女性の更年期は閉経と共に訪れるため、心身共に大きな変化が起こります。女性ホルモンの分泌が低下することによってほてりやのぼせが頻発したり、急激な体調の変化から情緒不安定になったりすることも多くなります。こういった変化に心や体が慣れるだけでも大変な上に、親の介護や子どもの高い教育費の捻出といった家庭内の問題への対応を余儀なくされる時期でもあるのです。このような状況から更年期うつになる人も多く、こういった現象すべてが不眠を招いてしまいます。

更年期の睡眠障害を改善する4つのポイント

更年期の睡眠障害を改善する4つのポイント

不眠症を改善するための対策は不眠症のタイプによっていろいろ分かれますが、中でもこの更年期の睡眠障害を改善するために、以下の4つのポイントを押さえておきましょう。

体を動かしてみる

更年期に表れる体の不調は加齢によって体力が弱って来たことによるものも多く、不眠もその1つです。家事や仕事など毎日のルーティーンワークから逃れ、外へ出て体を動かしてみることで、心身ともにリセットされて心地良い疲労感が夜のスムーズな入眠へとつながります。体内時計をしっかり通常に戻すためにも、外に出て日光を浴びることは大切です。ただ無心に歩いてみる、少し長い距離を散歩してみる、といったことから始めて見ましょう。

リラックスする時間を作る

更年期の女性によく見られる傾向として、家族を支えて来たお母さんは家族のために、仕事1本でやって来たキャリアウーマンは会社のために、自分のことを二の次にすることに慣れてしまっている、ということがあります。自分では気づかないうちにそうやって長い間ため込んだストレスが不眠症を引き起こす原因になっている場合も多いのです。更年期をきっかけに自分を第一に考えてリラックスする時間を作りましょう。DVDを見て感情を解放したり、一番風呂に長い時間入ってみたり、またアロマで緊張をほぐしてゆっくりマッサージする時間を作ったりするのも効果的です。

オシャレをする機会を作る

たまには旦那様や恋人とデートをする時間を作ったり、友達と買い物やランチに出かけたり、コンサート会場や美術館へ行ってみたりするなど、オシャレして出かける機会を設けてみましょう。ワクワクしたりときめいたりすることによって女性ホルモンのエストロゲンの分泌が促され、気持ちが前向きになったり、スムーズに夜眠れるようになったりするなど、心と体にうれしい変化が起こります。更年期に突入することで起こる体の変化は、自らの気持ちと行動によって押し返すことも可能なのです。

考え方を前向きにするよう心がける

突然襲ってくる体の不調は不安を引き起こし、そんな体を抱えた状態で日常を送ることや問題を解決することは不可能にも思えて来るでしょう。しかし更年期の女性にはそれを相談し、泣き言を言う相手も少なく、また社会的、家庭的立場から1人で解決しようと我慢する傾向にある人が多いようです。しかしそれはさらなるストレスを生じさせ、ひどくなるとうつ症状を伴う危険性もあることを覚えておいてください。更年期による体調の変化や不調は必ず終わりが来ます。そのことを忘れないようにして、何事もできるだけ前向きに考えることで、症状も緩和されていきます。

 
何で眠れないの?
タイプ別不眠症の症状と改善方法
明日からぐっすり眠れる!おすすめの不眠症サプリランキング
今日からできる!おすすめの「眠活」